So-net無料ブログ作成

Lucian Freud Portraits [旅 イギリス]

木曜の夕方は仕事の後にWest Endへお出かけ♪

West Endはシアターが集まっているエリアですが、私が向かったのはNational Portrait Gallery
Lucian Freud Portraitsという企画展を見るためです。

20120315 1NationalPortraitG4.JPG
左が彼の自画像

Lucian Freud(1922-2011)は多くの人物像を描いた画家で、この展覧会では1940年代から2011年に亡くなるまでの初公開作品を含む130点が展示されていました。

エリザベス女王の戴冠60周年(Diamond Jubilee)を記念して、5月から「The Queen Art & Image」という女王の肖像画を集めた企画展が開催されますが、そこでもルシアン・フロイドの作品が展示されるそうです。
20120315 1NationalPortraitG5.JPG

【おまけ】
National Portrait Galleryは建物が素敵で、来るたびに気持ちが落ち着きます。
20120315 1NationalPortraitG2.JPG
     20120315 1NationalPortraitG3.JPG

地下にはブックストアやカフェもあり、アート鑑賞の前後にくつろげます。
20120315 1NationalPortraitG1.JPG
キッシュとトマトサラダ、グラスワインのセットで8.50ポンド

【つぶやき】
本当は隣のNational GalleryのカフェでPre-theatre menuを食べたかったのですが、到着したのが19時すぎで注文のためには時間切れ。

そして、ロンドンのミュージアムでは、興味深い企画展があちこちで開催中。
Tate Modern(草間彌生展)、Royal Academy of Arts(David Hockney展)、National Gallery(Turner関連)、V&A(エリザベス女王関連)、Design Museum(Conran卿関連)、Cautauld Gallery(Modrian展)など。

週末にゆっくりできれば、そのうちのどこかのミュージアムにも行きたかったし、久しぶりに大好きなKew GardensでのウォーキングやRoyal Opera Houseでのバレエ鑑賞、懐かしのWimbledon訪問もしたかったなぁ。
ま、仕事だから仕方ないのだけどね。ロンドンに行けただけでも感謝。

ランキング参加中。よろしければポチッとクリックお願いしま~す→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村 美術ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。